西洋占星術、いわゆる星占いにはよく「ホロスコープ」という言葉が出てきますが、この言葉の意味がおわかりでしょうか。

地球から空を見上げた時の、12星座と10の惑星を配置した天球図のことです。

同じ占星術と呼ばれる占い方法ではあっても、西洋、東洋それぞれに数多くの占い方法があるのですが、今ここでお話するのは、現在、世界中で一般的とされる12星座の占星術のことです。

12星座の占いは日本でもごく一般的なものですから、例として挙げるのにももっとも相応しいでしょう。

この12星座で占う占星術の場合、ホロスコープを作るときに必要とする10の惑星は、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星です。

ホロスコープは、あなたの生年月日に、これらの惑星がどの位置にあったのかを示すこともできます。

12星座でぐるりと囲んだ円形のチャートを使用しますが、肝心な部分は、あなたの生年月日に太陽がチャートの中のどこの位置にあったのかということです。

それで、あなたの星座が決まるからです。

大半のかたは、ご自分がどの星座であるのかということはおわかりと思いますが、たとえば牡羊座のかたは、生年月日に太陽がチャートの牡羊座の部分に位置していたから牡羊座なのです。

ご存じでしたか。

太陽の位置で決まります。

他の星座も同様です。

女性がもっとも気になる恋愛に関しましては、金星の動きを見る場合が多いです。

さらに金星は恋愛だけでなく、金運についてもおしえてくれます。

占星術に詳しいかたでしたら、この程度のことはお分かりでしょう。

ホロスコープは、非常に大雑把に太陽の動きだけで判断することもあれば、その他の惑星全ての動きも考慮して精度を高める場合もあります。

占いも少し勉強して詳しくなりますと、とても奥が深くて楽しいものです。