「占い」といえば、どんな占いが思い浮かびますか。

たぶん、日本人にとってもっともポピュラーな占いが「星占い」だと思います。

それしか知らないかたも多くいらっしゃることでしょう。

我々が一般的に星占いと呼んでいるのは、12星座を基にした西洋占星術です。

あなたは、ご自分の星座が何座であるのかご存じでしょう。

それをご存じないかたも、ほとんどいらっしゃいません。

それほど広く浸透した占いです。

星占いには、占いたいかたの生年月日が必要です。

1年を12に分けた期間のうちのどこに当てはまっているかで、あなたの星座が決まります。

そこまではどなたでもお分かりでしょうが、実のところ、それは、あなたが生まれた日に太陽が位置していた星座なのです。

この世に誕生したときに、そのような惑星の配置であり、そのようなエネルギーを受けたということになります。

星占いは、生年月日だけでも、かなり多くのことがわかります。

さらに生まれた時刻がわかれば、精度が高まります。

みなさまが気になる恋愛運をはじめとして、金運、仕事運、健康運など、大概のことはわかります。

もちろん、同じ星座だからといって、全員がまったく同じ運命を辿るわけではありませんが、基本的な性格や、大きな視点で観たときの人生の流れなどは共通しているということです。

また、恋愛運など、お相手が関わってくる場合の運勢が知りたい時には、お相手の生年月日や星座も知っていた方が良いです。

しかし、あなた自身の恋愛の今後などが知りたい場合は、あなたの生年月日もしくは星座だけで充分ということになります。