中国発祥の占いは数多くありますが、現在、日本でも知名度が高いものに「九星気学」という占い方法もあります。

これもまた東洋占星術と呼ばれているもののひとつであり、生年月日をもとにして運勢を割り出す占いです。

占える運勢は、他の多くの占いと同様、恋愛、結婚、仕事、健康、一生を通しての運勢等々、あらゆる範囲にわたっています。

「九星気学」という名前から想像いたしますと、この占いもまた「星」という文字がついているため、なにやら天体や星座が関わってくるのかと想像しがちではありますが、天体などは関係ありません。

天体ではなく、九星術を総称した気学の根本であります「河図」、「洛書」の図から来るものなのです。

ただし、気学の「気」は宇宙に満ちているエネルギーで、どなたでも持っているものです。

ですから、九星気学もまた、宇宙から完全に切り離された占いではありません。

九星気学と申しましても、一般のかたはピンと来ないでしょうが、いつかどこかで目にしたことはあるのではないでしょうか。

九星気学の九星とは、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星というように、数字・色・惑星名が並んでいる九星を表します。

あなたの生年月日から計算して、これら九星のどれに当てはまるのかということが基本となっています。

雑誌の占い特集などでもよく登場する占いですから、ご存じのかたは多いでしょうし、ご自身が九星のどれにあたるかを分かっているかたも多いはずです。

もっと身近なところでは、カレンダーによく書かれている「大安」、「友引」等の言葉は、九星気学の方位学からのアドバイスなのです。

現在では比較的知名度の高い占いでしたら、オンラインで簡易的な占いが可能ですので、一度やってみてはいかがですか。

女性のかたは、占いページで真っ先に恋愛運をチェックするかたが多いようですが、いくつかの占い結果を見比べてみますと、意外に今まで興味を示さなかった占いのほうが、よく当たっているということもあると思いますよ。