恋愛関係が長く続くと、互いに心を許しあう関係となります。

しかし心を許しあっても最低限恥じらいを持つことを忘れてはいけません。

いくら大好きな相手でも、自分の前でおならばかりしている人、不衛生な人、いつも部屋の中を下着で歩きまわる人に恋愛感情を持ち続けることは難しいと思います。


特に男性の場合、いつまでも女性に対して刺激を求めていたいものなのです。

男性はチラリズムを好みます。

短いスカートで中が見えるか見えないか、Tシャツ、ブラウスで少し下着が透けて見えるといった様子が男心をくすぐり刺激するのです。

男性は妄想することが好きです。

全部見えてしまっていては何もどきどきしないのです。


よくある女性の失敗談として、女性は深い関係になった相手に対して、もうどうせ全身を見せているのだからとあまり身なりを気にしない人がいます。

部屋の中で下着でいたりとか、シャワーを浴びて全裸で歩きまわったりしてしまうのです。

これは絶対にNGです。

男性は女性に「恥じらい」を求めます。

恋愛関係が深くなっても、いつまでも彼女には恥じらいをなくしてほしくないのです。

恥じらう姿にドキドキするのです。


このような姿を見せていた女性が彼氏から「もう君にはドキドキしない」と言われて恋愛に終わりを告げたという失敗談もあります。

彼女が恥じらいをなくしたとき、他に女性が現れて彼女がなくしたものをもっていたら、男性は間違いなくその女性のもとに行ってしまうでしょう。

長年付き合っていても、恥じらいは決してなくさないことが長続きの秘訣です。