恋愛の失敗談で良くあるのが、過去の彼氏、彼女と比較してしまったことです。

誰かと比較されることを好む人はいないと思います。

恋愛が始まったころ、よくありがちなお互いへの質問が「今まで何人と付き合った?」とか「今までの人はどんな感じだった?」というような過去の恋愛についてのリサーチです。

好きになると相手の過去のことまで知りたくなるのは、心情としてよくわかります。

しかしこれを聞いてもお互い幸せな気持ちになることはありません。

今まで経験してきた人ならわかると思います。

最初にこれを聞いてしまうと、つき合ってからも常に過去の相手と比較するケースが出てきます。

どこかに遊びに行っても、前に来たのかとか、前の彼女の料理とどっちがおいしいかなどくだらない質問まですることになるでしょう。

聞くたびにきっとその場の雰囲気は悪くなると思います。

何か嫌なことをしたとき、行ったときにも「昔の彼も同じことをした」とか「同じことを言われた」などと比較されたらそれだけで腹が立ちます。

これでは過去の失敗談が何もいかされていません。

また同じことの繰り返しです。

過去ではなく、今を見る、彼氏、彼女、共に過去があって、今ここにこうしてあなたが好きな相手として存在しているのです。

過去を聞いても幸せなことは何もありません。

過去を語るなら、二人の未来、これから先のことについて話していく方がいいです。

失敗しないために、決して過去の恋愛について聞かないこと、これが比較をしなくてすむ一番いい方法です。