面倒見のいい女性がいます。

年上の女性が好き、マザコンなど、面倒見のいい女性を好む男性も多いです。

しかしこの面倒を見るということは、その度合いがかなり難しいのです。

人によって許容範囲、求める範囲が違うからです。

恋愛当初は、喜んでいた行為も次第に重く感じるようになり、最終的には「お母さんみたい」と最悪の言葉を言われてしまったという失敗談があります。

大好きな彼を思いやってお世話することを、気を使いすぎてすべてにおいて面倒を見ることは違います。


気がつくと彼に対していつも言っていた言葉「お腹すいてない?」、「疲れていない?」、「荷物持った?」、「忘れ物ない?」など母親が子供に言うような言葉を彼氏に言っていませんか。

恋愛は対等関係でなければいけません。

面倒を見ている関係はあなたが上位にたっています。

こうした関係性を嫌う男性も多いです。

ただ彼のことを思ってしただけなのにと、恋愛の失敗談として語る女性がいます。

しかし、思いやりを持って接すること、面倒を見ることの違いに自分で気がつかなければまた同じ失敗をしてしまいます。

例えば、飲み物1つ出すだけでも、「喉渇いた?」「何か飲みたい?」「はいどうぞ」と1から10まであれこれ言ってすべて世話をしてはいけません。

恋愛で対等関係ならば、「ちょっと喉が渇いたね」「一緒にお茶でも飲んで休憩しよう」などと相手を気遣う様子を見せる程度でいいのです。

1から10まで全て言う、聞く、やるのではなく、さりげない気遣いを見せると恋愛は長続きすると思います。