大好きな人とデート、ずっと好きで告白してやっとデートまでこぎつけた場合など初デートへの思いは高ぶるばかりです。

高まりすぎた想いと行動がうまくかみ合わず、初デートでの失敗談を持つ人は多いと思います。

特に、まだあいまいな関係でこれからうまく恋愛関係へと発展していけるのかどうか、という二人なら次のデートにつなげるためにも失敗できません。

結果張り切り過ぎた結果後悔することになるのです。

初デートでよくある失敗談を紹介します。


初デートで行くと困る場所、それは人混みです。

大行列ができるような人気店、デパートなど多くの人が訪れるショッピングエリア、常に待ち時間のあるテーマパークです。

ある程度恋愛関係が進んで二人の関係が自然になったころに行くのはいいのですが、お互いが緊張している初デートでこのような場所へ行くと失敗します。

行列を待つ間、会話が途切れてはいけないと一生懸命話さなければいけませんし、相手が行列を待つのが嫌いで不機嫌になることもあります。

ショッピングなどでは、お互い見たいお店も違うため気が付いたらお互いが1人でお店を回っていたなんてこともあります。

待つことの嫌いな男性は多いです。

せっかくのデートも終わってみたら、ただ「疲れた」という感想しか残らないかもしれません。

初デートでは、あちこち回るのではなく、ある程度落ち着いて一箇所で楽しめる場所、ゆっくりと食事できる場所などへ行くのがおすすめです。


初デートでよく行くのが「映画」です。

相手が何をしたいのかよくわからないとき、手軽にいけるデートスポットです。

しかしこれがよくある失敗談として、あげられる場所なのです。

濃厚なラブシーンのある恋愛映画で、目のやりばに困ったとか、映画のあと気まずい雰囲気になってしまったのです。

初デートで行くデートは、万人受けするようなジャンルのものを選ぶといいでしょう。

楽しい映画なら、映画を見たあともその話題でデート自体が楽しく盛り上がるからです。