恋愛心理学でいう、「恋愛」の定義を考えてみます。
・恋愛は、男女の心と心が触れ合うもので、それには性的な感情も含まれています。
その男性のことが好きでも、抱き合うのは嫌だと感じる複雑な女心を抱くケースもあります。
しかしこれは本当の恋愛ではありません。

・恋愛は、相手と仲良くなりたい、相手のことを助けたい、二人だけで一緒にいたい、と感じるものです。
ただ仲良くなりたいと思うだけなのは、恋愛ではなく親友、「二人だけになりたい」という女心を持つことができた相手と恋愛することができます。

・自分が変わること、失うことを気にせず、自分の考えと相手の考えが融合されるのを嫌がらないことです。
相手と一緒にいることで、仕事を変えなければいけないとか、苗字、住所を変えなければいけないとしても、「失う」ことと考えず、一緒にいられることを「喜び」と感じられることです。

・相手の良いところ、悪いところ、全ての感情を受け入れられるのが「恋愛」です。
恋愛では、愛しているからこそ、相手に対して憎いという感情が生まれることもあります。

・期間が長いほど薄れていくもの。
友情は長い期間付き合えば付き合うほどに深くなってくものですが、恋愛では長くなるほど気持ち、態度が弱くなっていくでしょう。

恋愛心理学上では、恋愛に対して以上のような条件を定義しています。
自分のことを肯定的に見てくれる人で、心も体も一緒になりたいと思える人に対して好意をもつこと、これが恋愛です。