自分にあった恋愛したいを探すページ


ティアラコース3期に参加しているamyu*です(*´∀`)ブログを書くの、久しぶりだにゃ~
5/19はティアラコース二日目?
恋会話の実践男性に、素直に自分の魅力をアピールする男性に何をしてもらいたかったのか何をされて嫌だったのか、自分の気持ちを伝える優しさを受け取るなどなど

ああ、わたし、ほんとは男性にこうして欲しかったんだってことを知り
男性に言いたいことを溜めて毒素を発生させていた自分に気付いた
自分が日々いかに受け取り拒否をしていたか思い知ったなんでも「大丈夫です」って言ってしまう「大丈夫です女」な自分
わたし、かわいくなるよう努力してます、その上迷惑かけない女です、お買い得ですよいい女ですよっていいたかったんだとおもう。実際はそんなキャパないのにいい女ぶっていたね
自分の思う「愛され女子」にみせかけようとしてる嘘つきな自分ほんとにそんな、おステキな人間なのかい?
そもそも自分はほんとに恋愛したいのか?人を愛せるかその熱量はあるかてきとーにモテてチヤホヤされて女としての価値があるって確かめたかっただけ?優越感を得たかっただけじゃないの?ぶりっこ出来ますよ~かわいいこと言えますよ~あなたの男心、満足させる腕持ってますよ~ってこと??
きっと自分を一番否定しているのはわたしだねそれをわかるための今までだね(T-T)
自分を大切にするやり方傷つかないため本音を隠してきたけど本音を表現するやり方へ少しでも変えてみよう完璧に出来なくていいから意識しよう?
ティアラ3期、心を開いて感じてみようわたし、お花畑へ行けるのかなお姫様になれるのかな(*p´д`q)゜。

恋愛したいの上昇気流


さて、昨日の投稿で「別の男に頼ろうとする気持ちは捨てる」と言いましたが…(^o^;) これはシンママに限らず、女性全体にあてはまる傾向でしょう(・ω・)b私の友人には、子供がいなくても男性の収入を重視して結婚相手を探している人もいます。自分も働いていますが、夫が高収入であることで安心するんだそうです。まあそれは確かにそうだけど…。 彼女にとって「恋に落ちる」などという定義はほぼ存在しません。 しかし、問題は「経済的」に頼ることだけでなく、「精神的」に頼ることでもある。 子供がいなければそれは個人同士の問題ですが、ここに子供が関わるともっとややこしくなります離婚して次にお付き合いしたり結婚したりする男性が必ずしも理想的人物ではないことは、連日のように起こる悲しいニュースから見ても明らかであるような気がします。 それに、はっきり言って家族が近くにいない場合、子育てをしながら働いて、はたまた次の恋愛相手を探すヒマなんてない …ということを私が言えるのは、離婚後8年、私もいろいろ苦労したからです  (その経験についてはまた後ほど)  そして、結局たどりついた結論は…  無理に探さないほうが良い出会いに恵まれる  ということでした。 「もう○歳になるから早く次の結婚相手を見つけないと」「私だけ取り残されている」 などと焦る気持ちもよ~くわかります  実際、私も何年もそう思って焦ってました でも、もう子供いるならまた子供を産む必要はないし。焦って誰かを捕まえても、その人が一番いい相手であるとはまったく限らない。  まずは子供と自分の成長にフォーカスして、自分を磨いたり、仕事を頑張ったりして足場を固めることが大事ではないか…と思うようになりました。  そうして自分を充実させていれば、きっと神様が(宗教色はありません)用意してくれた、あなたと子供に理解のある素晴らしい男性とのめぐり合わせがあるはずです。  だいたい私たちシンママは1回2回交際や結婚に失敗してるんだし(笑)? また失敗するのはシンドイですよね。恋愛したい、異性に大事にされたい気持ちはわかりますし、いい相手との出会いがあって素晴らしい家庭を築ければそれに越したことはありません。 でもまずは自分を精神的・経済的な「強者」にする努力をしてみましょう