シリコンバレーで恋愛したいが流行っているらしいが


なかピー大仏です(^_^) 恋愛したいけど、恋人がまったくできない!っていう方にどうぞなブログです。 これから夏に向けて、花火大会、盆踊りとかのお祭りが目白押しになってきますね。 今年は行きたい!! でも、 ・彼氏がいない。・彼女がいない。 そんなあなたにやってほしいことは、「妄想」です。 音声で解説しちゃいますね。 【なかラジ】恋愛したい人はまずは妄想からhttps://youtu.be/kiSwpomG5IM  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
お友達になりませんか?! LINE@では、ブログではお話ししていないことなどより深いお話をお話ししています。ご登録はこちらのリンクからどうぞ!.LINE@:ID検索→ @xcx9282w(@は半角でお願いします)☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ダメ人間のための恋愛したいの7つのコツ


 「彼氏が欲しい! とすごーく思っていて私を好きになってくれる人は現れるのになぜか、毎回そこから先には進まず…というのが、私のこれまでのパターンです  私自身は、彼氏が出来ても全然大丈夫って思っているのですが私の潜在意識は、ひょっとして恋愛を望んでいないのでしょうか?!」  クライアントのTさんのお話です(掲載許可いただきました)  こんばんはBright Moon 松崎有里です   そうなんです彼氏が欲しいと、顕在意識では考えていても潜在意識の方ではもしかしたら欲していない、なんてことが起こってるかもしれません  彼氏がいない方が何かしら得しているからってことなんですよね  セラピーでTさんの深層心理を分析していくと  顕在意識は恋人が出来ることを受け入れている  でも、潜在意識は恋人が出来るのを怖がっていることがよく分かりました彼氏が出来ないとお悩みの方によくある心理パターンですね  理由をお聞きしたところ離婚を経験された時に心に残った深い傷と見捨てられ不安の存在が大きいようです  Tさんの心情としては「恋愛するとなるとコミュニケーションがしんどい結婚が苦しかったから自由でいたい気持ちがある  同時に、見捨てられ不安があるから孤独でいることにも恐怖を感じる  だから、誰かが愛してくれると一人じゃないんだと、精神が安定する  安心は得られているから友達以上恋人未満で留まれるようそれ以上は相手が深入りしてこないところでコミュニケーションを調節していたのかもしれない」  という答えを得たことによってTさんの潜在意識はTさんの願望をきちんと叶えてくれていたことが分かりました  この関係性で得られているものは自由でいたい願いも叶っているし誰かからの好意によって心の安定も得られています  Tさんに好意を寄せるお相手たちはTさんにとって丁度いい登場人物だったといえますね  Tさんご自身は恋愛したいと思っていたのが本音だと思い込んでいたので自分でも思わぬ答えが出て来てビックリされておりました  離婚という過去の記憶が思い起こされるとTさんにしんどい感覚が出てきてしまうため  これから、ちゃんとした恋愛関係に発展させるためにもまずは、この記憶を思い出した時の体の反応を変えていかないと先に進めないな、と判断しました  それと同時に見捨てられ不安も解決させなければなりません      見捨てられ不安は、そもそも幼少期に親子の交流の仕方によって出来た感情です  これがあると不安定なまま生きていくことになり自分は力のない存在だと勝手に思い込み  本来持っている自分の力を自分が信じることが出来なくなってしまいますので不安は取り除いてあげないといけませんね  年月はかかりますが感情というのは自分自身がきちんと受け止める作業をすると 必ず恩恵が自分に返ってきます  この世で起こることに対する自分自身の感じ方を変わるので世界が180度変わって見えるようになり何事も、穏やかで幸せな感覚を持って生きていくことが出来ます  自分自身への自信、信頼感も強くなってくるので恋愛することが怖いという気持ちもだんだん薄れ  腹の底から覚悟が決まったその瞬間ベストなタイミングで本命が現れる、なんて急に扉が開くことが起こりますのでTさんのこれからが楽しみです  女性専用サロン Bright Moon
 東京都渋谷区恵比寿 東口より徒歩5分(場所は、ご予約の際に詳しくお伝えいたします) ?営業時間 (不定休)
10時~ 14時30分~   ?予約状況  ? メニューと料金 ?ホームページ セラピールームBright Moon ?簡単ご予約フォームはこちら  ?お問い合わせメール  info☆bright-moon.jp (☆→@に変えてね) ?お電話でのご予約  090-9298-0003 あなたが一回ぽちっとして下さると、ブログのランキングが上がる形式になっています よろしければ、応援してください      ↓↓↓
にほんブログ村